医療情報処理業務

 医療機関における経営者側の事務処理業務となります。専門的な医療用語や決まりごとが多く、やはり一般の事務とは異なる医療事務ならではの業務内容といえるでしょう。期日が決められた業務が多く、管理能力や正確な処理能力も必要とされます。

統計業務

  医療現場も採算が取れなければ経営難になります。病院を経営していくために重要な検討資料となる「統計」を出すという業務も医療事務の大切な仕事です。

  毎日の外来患者数や病床稼働率、収益の統計・分析し、病院経営のために必要な情報を日々更新したり、公の機関へ病院の医療報告をするために必要な書類を揃えます。統計専門のスタッフを動員している医療機関もあります。統計の基礎が学べると色々な職種でも応用ができ後々転職の際には強みにもなるでしょう。

未収金リストの作成業務・未収金の督促業務

  患者さんは基本的に診療が終わった時点で診療費のうち自己負担の3割(もしくは加入している保険組合が定める率)の金額を会計で支払うことになっていますが、何らかの理由で患者さんから診療費を徴収できなかった場合、経理上「未収金」という扱いになります。

 病院としては経営上、未収金を回収する必要があります。そのためにはまず未収金リストを作成し、未払いの患者さんに未収金の督促を行います。

  未収金リストの作成は、レセコンが導入された病院ではレセコンでの作成が可能です。 未収金の督促については、まず電話や文書、そして訪問などの方法で未収金の督促をしていきますが、それでも回収できなかった未収金は3年を過ぎてしまうと時効となり不良債権となってしまいます。

時効が過ぎれば徴収が出来なくなってしまうため期限内に何とか回収し、不良債権という焦げ付きを防ぐというのも医療事務の重要な仕事になります。

病院報告

 病院等の医療機関は、患者数や診療内容などを報告する書類を作成し、毎月5日までに地域管轄の保健所の所長宛に提出をしなければなりません。これを「病院報告」といい、厚生労働省や都道府県、所轄の保健所で管理されます。

提出する書類は以下の2種類あります。

「患者票」外来・入院患者数や診療内容などの報告をするための書類
「従事者票」その医療機関で働く職員数を報告するための書類