会計業務

 患者さんは診療や入院後、診療費・入院費のお会計をします。診察代、薬剤代、処方箋などを計算して各種健康保険の定める患者さんの負担分を計算し、患者さんへ医療費を請求します。健康保険の種類によって患者さんの自己負担率が異なりますので十分な確認が必要です。

  会計窓口の前は、診療を終えてできるだけ早く会計を済ませ、一刻も早く家に帰りたい患者さんたちでごった返していることが多いです。あまり待たされるとイライラを積もらせる患者さんも出てきます。そんな中でもお金を扱うので間違いは禁物。冷静かつ迅速に会計業務が遂行できる人が求められます。

  また、かかっている健康保険の種類によって患者さんの自己負担の割合は異なるため、間違った金額を徴収しないよう注意が必要です。

 健康保険に関する予備知識は必須ですが、専門学校や医療事務講座、医療事務になるための教科書等には必ず出てくる項目ですので勉強すれば問題ありません。始めは繁忙な中での緊張から焦りがちですが、慣れれば落ち着いて業務に取り掛かかれるようになっていきます。

  大規模の病院・医療施設では会計専門の派遣スタッフやパートタイムスタッフを雇って、会計だけをまかせているところが多いようです。