医療事務として働く職場

 医療事務として働く職場=病院と思われがちですが、病院だけとは限りません。では医療事務の知識や経験があると、どんな職場で働けるのでしょうか?医療事務スタッフが活躍する職場をあげてみましょう。

[もっと仕事内容や職場について詳しく知りたい方は]

医療事務のすべてがわかる本(日本文芸社)は、(タイトルの”すべてがわかる”は大げさですが、)他の医療事務のガイド本よりも豊富な写真や図で解説されており、多くの先輩方の体験談で仕事内容や資格情報なども把握することができます。

【病院】

まず「病院」とは病床(ベッド)の数が20床以上の入院施設を持つ医療機関のことを言います。入院施設のないもの、もしくは19床以下の病床数の医療施設は「診療所」となります。

  総合病院や大学病院など大規模な医療施設では担当業務がはっきりと分担化されているところが多く、レセプト担当、受付窓口担当などさらに専門性が高くなっています。この業務は任せて!と言えるぐらいの専門的な処理能力を磨き上げられるかもしれまんせん。

 また大きな病院の場合、繁忙期だけ派遣社員やパートスタッフを増員するところも多いので、期間限定で働きたいという方にも向いているといえるでしょう。

  逆にさまざまな業務を担当してみたいという方には単調な作業がつまらなく感じてしまうかもしれません。そういった方は病院でも小規模の施設や、「診療所」「医院」の方がいろいろな業務をするチャンスは高いといえるでしょう。

関連ページ:総合病院での医療事務の体験談

【診療所・医院】

 「診療所」「医院」とは入院施設のない医療機関、もしくは病床(ベッド)数が19床以下の入院施設のある医療機関のことをいいます。入院施設のないところでは、外来診療や在宅医療がメインとなります。耳鼻咽喉科、眼科、皮膚科、整形外科、小児科などといった専門のクリニックで働くこともできます。

 小規模の診療所は個人の開業医が多く、身近なかかりつけ医として患者さんとの距離が近い職場ともいえます。医療施設の規模が小さいだけに、働く医療スタッフの人数も限られていますので、幅広くさまざまな業務を担当することが多くなります。

 院内の清掃やお花の水を替えたりといった雑用もすることもありますが、専門の診療分野の関する知識も身につけられるかもしれません。

 また医院や診療所では午前だけ、もしくは午後だけといったパートタイムのスタッフを採用するところが多いので、フルタイムでなくパートタイムで働きたいという主婦の方などにも働きやすい職場といえるでしょう。

関連ページ:個人医院の人間関係・職場環境

【歯科医院】

 「歯科医院」でも医療事務の仕事があります。歯科医院での医療事務としての仕事は、受付での応対やカルテの管理、会計、レセプト作成など一般の医科の事務と変わりませんが、歯科医院によっては歯科助手としての仕事を兼務することもあります。

 たとえば歯の治療に使う器具の準備や洗浄・消毒、患者さんにエプロンをかけてあげたり、歯型を採るセメントを練ったりといった助手としての業務も行う場合があります。事務的な業務だけを専門に担当させるところもありますので、面接の際に仕事の範囲はきちんと確認しておくべきでしょう。

【調剤薬局】

 最近では医薬分業化が進み、病院内で処方される「院内処方」が減少してきており、「院外処方」となる調剤薬局がどんどん増加しています。大手チェーンのドラッグストア内にも調剤薬局ができて医療事務の働き先も増えています。

 調剤薬局でも一般の医科と同様にレセプト業務も行いますが、診療報酬は「調剤報酬」といって保険の請求分野が異なるため、調剤事務としての薬品に関する専門知識が必要となります。調剤薬局で働きたい方は、調剤事務のための講座を受講するとよいでしょう。

《調剤薬局での大まかな仕事内容》

・患者さんが医院や病院から出された処方箋を受け取る
・保険証の確認
・薬歴簿の作成・記入
・アレルギーのある薬や現在服用している薬があるか確認
・薬剤師が確認した処方箋の情報を入力し、調剤録の作成
・毎月のレセプトの作成および請求
・薬品の棚卸しなど

【その他の医療施設や勤務先】

・老人養護福祉施設
・介護施設
・訪問看護・訪問介護ステーション
・企業内の診療所
・健康保険組合
・国民健康保険団体連合会
・診療報酬審査支払基金 など