医療事務の収入と待遇 【正社員の場合】

収入

初任給(高卒)月収15万18万円
(大卒)月収17万19万円

待遇

  1. 社会保険完備(健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険)
  2. 有給休暇 ※医療機関の規定による
  3. 昇給 あり
  4. 賞与(ボーナス)あり※医療機関の規定による
  5. 交通費 全額支給
  6. 残業代 支給
  7. 各種資格手当て ※医療機関の規定による

休日

  一般的に、大規模の医療機関では1ヶ月に6日休みが取れる4週6休体制をとっています。毎週日曜日は定休で、あと2日を隔週でどこかの曜日に他のスタッフと相談して休みを取るなどして調整します。

  また小規模の診療所などは休診日が毎週日曜日や水曜日および祝祭日などと決まっていて、医療事務スタッフのお休みも診療所の休診日というように決まっているところが多いようです。

勤務時間

 医療機関の外来受付が始まるのは通常朝8時半から9時で、医療事務員はその30分前には業務を開始するのが一般的です。大規模な病院ですと朝早くから患者さんが並んでいることも多いので遅刻は厳禁です。一般事務と比べると多少早起きが必要ですね。

  終業時間は医療機関の診察時間によって異なるため一概には言えませんが、特に忙しい月末月初のレセプト時期は残業になることは覚悟しておいた方が良いでしょう。平均的な1日の勤務時間としては7.58時間労働となります。

まとめ

 医療事務の収入は、医療という専門的な分野の知識も必要なため一般事務よりお給料も高いと思われがちですが、実際のところどうなのでしょうか?気になるところですよね?

  雇用形態や勤務地、経験年数などによって多少異なりますが、一般的な事務職とだいたい同じぐらいの収入となるようです。

  正社員の初任給は高卒か大卒かで差がありますが、学歴よりも経験が重要とされる仕事ですので、年数を重ねていき経験や知識が豊富に備わってくれば徐々にお給料の差が縮まっていき、30代後半ではほとんど差がなくなってしまいます。

 1年目の年収が200万円前後としても勤続年数を重ねていけば3年目で約290万円、10年で約360万円、20年で約440万円、30年では約510万円となっていきます。※全日本病院協会「医療従事者の給与に関するアンケート調査報告」による(平成16年9月)

  また、退職金に関しては、高卒18歳で入社し60歳まで42年間勤続して定年退職した場合、およそ2000万円が退職金として受け取れるそうです。※日本医療労働組合連合会の調査報告による

  病院によっては資格手当てが別途支給されるところもあるようです。また毎月のレセプト作成時期や年度末決算など残業代がプラスされます。