医療事務の仕事

 医療事務の資格を取った後、就業する場合にはどのような仕事があるのでしょうか。まずは病院で働く場合、「受付業務」と「保険請求業務」に大別できます。

病院の受付業務

 受付業務はその名の通り、病院の受付で患者様の応対を行うことが主な仕事です。患者様をお迎えし、診察券を受け取りカルテを用意したり、医師からの検査依頼伝票に従い内容を入力したり(近年の大きな病院では電子カルテが導入されていてカルテや伝票は必要ないこともあります)といったことをします。会計でその日の医療費の支払いを受けることもそうです。

病院の保険請求業務


 一方保険請求業務は診療報酬明細書、いわゆるレセプトを作成することに関わるものです。
医療機関で診療を受けると、保険証を提示すれば医療費の一部を支払うだけで済みますね。多くの人は3割負担でしょう。残りの7割は医療保険(健康保険)でまかなわれます。この保険でまかなわれる部分を医療保険の実施機関に請求するために必要なのが診療報酬明細書(レセプト)です。

 カルテを元に1患者につき1枚、1ヶ月分をまとめて作成し、審査期間に提出して支払いを受けます。その際医療費は診療行為ごとに定められた保険点数によって算定されます。保険点数にはいろいろと決まり事があり、その解釈の知識がなければ点数算定はできません。

 近年はレセプトの作成はコンピュータに任せている医療機関がほとんどでしょうが、できあがったものをチェックする際に知識が必要になってきます。医療事務としての仕事の最も重要な部分と言えるでしょう。

病院以外

  病院で働く以外にも、保険調剤薬局などで働く他、ちょっと変わったところでは医事システムを開発するIT関連会社のシステムエンジニアとして働くというケースもあります。

 病院の保険請求業務のところで述べましたが、近年は医療費の計算などにコンピュータが導入されています。そのコンピュータのプログラムを組むためには保険点数の知識が不可欠ですので、医療事務の有資格者が求められるのです。